Author: entyou_seiwa

こりすクラブ通信

本年度の「こりすクラブ」(未就園児園開放・毎週水曜日)は現在どんぐりハウスを建て替え中の為、中止します。
新しいどんぐりハウスが完成(5月中完成予定)し、その時のコロナウイルス感染症の流行状況を見て再開したいと考えております。
また、ホームページ上でお知らせいたします。

Read more

巣立ちの日

3月13日(土)に清和幼稚園第54回卒園式を行いました。
清和幼稚園の卒園式は去年から園庭・裏山を使って行います。密を回避するために始めたことですが、これがとても好評で恒例となってきています。
しかし、外でやるという事は天候に左右されます。前日は終日雨!夕方にやんだと思ったら夜雨!今年度は本当に天候に悩まさせました。
当日は雨も上がりましたが、園庭と裏山の整備の為、予定より一時間遅れで開催しました。

Read more

年長お別れ遠足

2月26日(金)に予定されていた年長さんのお別れ遠足(農事センターまで歩いていき芝生広場で遊ぶ)ですが、その前の日から雨!3月5日(金)に延期されました。
そして3月5日(金)も前の日から雨!当日は朝に雨はあがりましたが、現地に行けても芝生がべちゃべちゃで十分に遊ぶことができない。
それならばと、急遽予定を変更し、バスを出して葛原八幡神社に行こうという事になりました。葛原八幡神社は「和気清麻呂」をお祭りする、水神社とも所縁のある神社です。
クラス毎にバス2台に分かれ葛原神社に向かいました。

Read more

裏山清掃part2

早いものでもう3月。年長さんは卒園まであと2週間となりました。
今年の卒園式も園庭と裏山を使った清和幼稚園ならではものにしたいと思っております。
そこで「裏山を掃除しましょう!」と父の会が動いてくれました。2月28日(土)に来れるお父さんが集まり、フェンスから「どんぐり爺さんの家城」までの道のりをきれいにしてくれました。

Read more

劇遊びのその後・・・

温かくなってきたと思ったらまた寒波の襲来。冬に逆戻りですね。
ある日のことです。なにやらもも組さん(年長)がみんなで水神社に入っていっていました。なにするんだろう?とついて行ってみると・・・
子ども達の話し合いで、12月に発表した劇遊びをいつも見守ってくれている水神様にも見てもらおうとなったようです。もも組さんは神話の「ヤマタノオロチ」を演じました。
せっかくやるならと水神社の太鼓や摺り鉦を使いやってみることにしました。

Read more

お楽しみ会~南先生のマジックショー~

2月も中旬に入りだんだんと温かくなってきましたね。水神社の梅の花もだんだんと咲いてきました。
そしてこの季節になると花粉症に悩まさせれる園長です。
2月15日(月)に子ども達のお楽しみ会として南先生にマジックショーをしてもらいました。
例年のお楽しみ会は母の会の方がプロに頼み人形劇などを見て楽しみますが、緊急事態宣言下で集まることが出来ず、外部の方が幼稚園の中に入るのも怖い。という事で母の会から南先生に頼みマジックショーをしてもらう事になりました。年少・年中。年長と学年ごとに3回に分けての公演です。
その学年がわかりやすいように少しずつ内容を変えて行いました。さすが幼稚園で30年以上働いているマジシャンのなせる業です。

Read more

節分2021

2月3日(水)に2月の誕生日会と節分の豆まきを行いました。
節分とは立春の前日で、季節の変わり目に邪気が入りやすいとされ、「鬼」に霊力が宿るされる「豆」を投げ、邪気を祓うという行事です。
例年は2月4日が立春なので2月3日が節分になるのですが、地球の公転周期の微妙なずれから、今年はなんと124年ぶりに2月2日が節分となる年だったそうです。
無知な園長は節分の日は2月3日と思い込み、鬼さんのスケジュールの調整もあったので、今年も2月3日に豆まきをする事に。思い込みって怖いですね。
今年も南先生に鬼役になってもらい、豆まきをしようとグランドに集まりました。

Read more

おかえりなさい

ビオトープとは、bio(生命)とtopos(場所)の合成語で、生き物の生息空間のことを指します。
清和幼稚園には園庭に川を通し、田んぼを作っています。
今年も稲刈りを終えた田んぼに水を張っていたところ・・・

Read more

どんぐりハウス建替え

預かり保育や未就園児の園開放「こりすクラブ」、満3歳児クラス「どんぐり組」に利用していた「どんぐりハウス」
老朽化と、預かり保育の生活の空間を十分に確保するため昨年度より建て替えの計画をしていました。
コロナやら何やらで大幅に遅れてしまいましたが、ようやく動き出しました。

Read more